INFO

梅雨

梅雨

日本では6月上旬から7月中旬まで長雨の続く梅雨のシーズンに入ります。「梅雨」の語源としては、梅の実が熟す時期であることから由来しているという説があります。

この時期は、たとえ朝に雨が降っていなくても、念のため傘を持っていくことをお勧めします。日本人にとってはこれが普通ですが、海外の人からは日本独特の習慣として見られるようです。欧米では、小雨では傘を差さないケースが多くあります。その理由として、日本に比べて乾燥した気候や雨の期間の短さが挙げられます。一方、日本人は濡れること自体を嫌うため、高温多湿な気候下にレインコートより蒸れにくい傘の利用が進んだという説もあります。

梅雨のシーズンでも日本を楽しみましょう。期間限定で旅行商品やアクティビティなどが安価に提供されたり、 雨の日ならではの風情を味わうことができます。 しっかり雨対策、 後は楽しむだけ!

当ホステルでは傘の無料貸し出しサービスを実施しています。傘の必要なときはご利用ください!